子どもには注意

正面を見る女性

無添加化粧品として販売されているからと言って子どもに使用させることはあまり良くないのです。子どもの年令によっても違いはありますが、子どもと大人の肌は性質が全然違うことが言えます。子どもは大人に比べると皮膚が薄く、バリア効果のある機能も整ってはいませんし、水分を保つ力も強くはありません。また、外からの刺激に弱いことから乾燥のしやすい状態です。ですから、風邪を引いたり、発熱をしてしまったりすると、肌がカサつきかぶれてしまう原因でもあります。子どもに大人用として作られた化粧水を使用することは、肌のトラブルになりますから注意が必要です。その中でも、合成ポケモンが使用されている化粧水は、整っていないバリア機能をさらに低下させてしまい、ビニールで肌を覆ったような状態になります。そうすることで、乾燥肌を作ってしまい、敏感肌となりますから、子どもには子どもに対応した化粧水を使用しましょう。

肌に良いとイメージをしてしまう無添加化粧水は、場合にはニキビを悪化させてしまう原因になることがあります。ニキビができているからこそ、肌に良いスキンケアを使用しようと考える人が多く、無添加化粧水や薬用化粧水を選びます。しかし、化学合成物質などが配合されている商品は、ニキビを悪化させてしまいますから、商品を選ぶ場合は、表記内容をきちんと確認しましょう。また、アレルギーやアトピーで敏感肌の人も、肌が荒れてしまうのは、無添加化粧水が原因となっていることもあります。