潜む落とし穴とは

水しぶき

化粧水はスキンケアの基本的なものであり、種類もたくさん存在します。肌をケアするものだからこそ、良い成分が使用され効果があり、安全な化粧水安心して使えるものを選びたいと考える女性は少なくありません。最近無添加の化粧水は話題が高く肌に良いイメージがあります。ですから、無添加と表記されている化粧水を購入する女性も増えてきています。また、無添加とは実際に安全で安心して使用できるのか疑問に感じることもあります。無添加の化粧水の中で、どの商品が1番効果があるのかを知ることは大切です。

実際に多くの商品に無添加と表記されていますが、無添加の化粧水には特別な決まりがあまりなく、販売をするメーカーによって違いがあります。ですから、メーカーがこの商品は無添加だと言えばそれが成立します。また、以前までは化粧品の輸入や製造、販売を行うには、厚生省にメーカーが届け出を行い、すべて許可を得る必要がありましたが、現在は薬事法の改正により決まりが変わっています。改正後は、全成分表示制度が適応されました。この制度には落とし穴があり、制限のある成分を省いて、どのような成分でも配合することが可能になったことが言えます。すべて成分を表記すれば良いということから肌に悪影響がある成分を含まれていることが考えられます。化粧水を購入する際は、しっかりと成分を確認した上で、肌に悪影響がないものを購入しましょう。