基準の違いについて

オッケーマークを作る

無添加化粧水として販売されているものだからといっても、実際には何が配合されているかは明確ではありません。ですから、無添加化粧水は必ず安全だということは出来ないのです。基本的に無添加化粧水と聞くと、肌に優しい成分が配合されているというイメージを多くの人が持ちますし、そのような言葉が記載されていることで、女性は惑わされてしまいます。この無添加に関する基準は、化粧品を販売するメーカーによって基準に違いがあるため基準は様々ですが、表示指定成分が配合されていない無添加なのか、石油系の化学物質が配合されていないため無添加と言っているのかなど、実際に商品を手にして表記内容を確認するか、インターネットを利用してホームページで確認する必要があります。最近は、無添加商品の問題視されていることから、安全性について記載されたホームページや本などがありますから、参考にすることが出来ます。

多くの無添加化粧品は、パッケージも工夫がされており、シンプルなデザインで薬のようなイメージが湧きます。ですから、肌にもよく効果が期待出来そうだと連想させるのは、メーカーの戦略でもあります。また、無添加化粧品と記載されていても、添加物が配合されていることもありますが、すべての商品が悪いものではありません。肌に悪いものなのか良いものなのか、成分をしっかりと見極めることで肌に合ったものを選ぶことが出来ます。